甲陽学院同窓会 会員名簿発行について


大正6年(1917)に旧制甲陽中学校が開校し、来年で100年を迎えます。
その記念事業の一環として、甲陽学院同窓会(西宮)では「会員名簿」が発行されることになり、現在、住所確認などの作業が進められています。

東京甲陽ネットとしては、登録申請の際の卒業年度確認や、同窓生の動向をお伝えするためのご本人同意確認など、名簿は欠かせない存在です。

しかし、平成15年(2003)、個人情報の保護に関する法律(略称・個人情報保護法)が成立したことを期に、個人情報の管理についての社会的関心が高まったことや、企業などからの情報流出が問題化したことで、例えば「クラス連絡網の廃止」や「町内会連絡簿の廃止」など、さまざまな“自主規制”が起こりました。

甲陽ではたまたまこの年に会員名簿が発行されましたが、以後は上記のような「社会的空気」を受けて現在まで13年間、発行されていません。

この間の卒業生は、名簿では確認することができず、登録依頼の際に既登録者のお力を借りることも。(84回卒=現在は31~32歳=以降、今年卒業の98回まで)

また、掲載されている卒業生も、13年という空白期間に住所や勤務先などが変わっていて、連絡が取れないことも再々。

従って、
「東京甲陽ネットとしては(個人情報の保護・管理に十分配慮と注意をしたうえで)同窓会員名簿の発行をお願いしたい」
旨を、一部役員に口頭やメールで伝えてきました。


名簿発行については、さまざまなご意見や疑問が存在することは十分承知しています。しかし、卒業生交流には欠かせない存在であり、東京甲陽ネット運営にも必要な「会員名簿」の発行に、皆様のご理解と協力をお願いする次第です。

以上のような主旨から、
同窓会名簿編集委員会より依頼のありました、「記載事項調査・購入申込と、広告・賛助金募集のご協力」に関するメールを配信させていただき、関連の書面をPDFでHPに入れることについて、なにとぞ、ご理解の程、よろしくお願いいたします。
                      
(文責=世話人代表・新宮康彰)
(上記は1016年5月21日、東京甲陽ネットMLより配信されたものです)

【付記】
・ご本人の同意なく、住所・電話番号・勤務先等の個人情報を、名簿編集のために東京甲陽ネットから直接同窓会に提供することはありません。
・東京甲陽ネットに頂いたメールアドレス変更等の情報は、東京甲陽ネット内でクローズします。