東京甲陽ネット
  2013 
第9回交流会のご案内


若者から熟年,そして大先輩まで Everybody welcome !




甲陽って懐の深い学校だったなあ、って実感するのは卒業してからですね。
当時の仲間や、先輩、後輩に交流会で会うと、その感がますます強くなります。
大先輩からあたたかく声をかけていただいたり、相談にも乗っていただきました。
元気な後輩からも刺激を受けます。
(おてやわらかに)
東京甲陽ネットの交流会は闊達で楽しいから、できるだけ行くようにしています。
去年の二次会も、ええトシしてサイコーの盛り上がりでしたね。
今年も思いっきりはっちゃけますか。



 

写真・上中央は第7回交流会(2011)、他は昨年の第8回交流会の様子です。下左は山下正昭校長。

 


10月25日(金) 午後6時30分~(受付開始:午後6時)
「響」(ひびき)風庭 赤坂店    詳しい行き方と地図
7,000円(学生 3,500円)企業留学や社会人入学は除きます

参加のお申し込みはメールで
tostaff@tokyo-koyo.net まで

※リンクされない場合は①~⑥をcopy & pasteして、上記アドレスまでお送り下さい。

①お名前  ②卒業回  ③お住まいの区・市・町名 ④勤務先または学校名(自営やフリーの場合はご職種を。リタイヤされた方は元職でも結構です)  ⑤甲陽について思うこと(思い出など何でも結構です)や、お会いしたい恩師=故人も含む=  ⑥最近、頭の中はこのことでいっぱい。

ご面倒ですが上記をお書き下さい。参加者名簿に反映させて、参加者の予備知識と、当日の交流をサポートするためのものです。よろしくお願いいたします。


申込締切  10月23日(水)
10月24日以降の取り消しは半額、連絡なく欠席された場合は全額を請求させていただきます。ご了承ください。






















当日は立食形式です





2012 




  東京甲陽ネットの交流会も、数えて第9回。
どの回も盛り上がりました。いろいろなエピソードがありました。
昨年は土曜の午後開催で山下校長にご参会いただくことができました。
着任したての頃の印象や“最近の甲陽”の様子を話していただいて、当時の職員室を知る学年からは思わず笑いがもれるなど、上々のスタートを切った“一次会”でした。
そして自然発生した二次会での抱腹絶倒大爆笑大会は、後日のMLにおけるやりとりでご想像の通りです。
さあ、今年も集まりましょう。そして、いつもの通り、肩肘張らず、学年の差を忘れてしまうような楽しい会にしましょう。





*笹山桂一さんは現在、司法研修所修習生として研修中です。

桐山 大さん(74回)
昨日は、楽しい会をありがとうございました。美容医師の笹山さんが二次会でおっしゃってたように、「こんな楽しい男だけの会ってあるのか?」と思いました。
   

松本 伊織さん(92回)
本当に楽しかったので、次回には大学生にしっかり声をかけて、もっと男たちで騒げる会にしましょう。皆様、今後もひとつよろしくお願いします。
   
森 勝宣さん(92回)
先輩のみなさま、二次会早々に退散してすいませんでした。
六次会まであったと聞き、本当に行けなくて悔しい思いをしております。
次回こそは最後までご一緒させていただけますようよろしくお願いします。
今回の会で改めて甲陽学院の素晴らしさを実感しました。
世代をこえて、OB同士があんなにも騒ぎ、楽しめるのは甲陽ならではだと思います。今後も何卒、よろしくお願いします。

岩崎 眞也さん(68回)
まずは幹事の皆様ありがとうございました。素晴らしい企画、演出だと思います。
山下校長から甲陽の近況をお聞きできたことも非常に印象的でした。(スポーツで頑張っている、文系選択が極めて少ない、理系も医学部に偏重等)
また、先輩方のスピーチも非常に面白く為になりました。
ご出席の先輩、諸兄の皆様御疲れ様でした。直接お話しさせて頂いた方は限られた方になりましたが、本当にいろいろな分野でご活躍されている方ばかりで、刺激も受けましたし、有意義な時間を過ごさせて頂きました。
やや残念なのは、今回初めての参加でしたので、2次回以降は同期の方を中心としたものだろうと勝手に思い込み、68回で1人のみで参加した私はさみしく帰ってしまいました。二次回以降も非常な盛り上がりだったようで、帰ってしまったことを無茶苦茶後悔しています。
次回以降、極力参加しますので、どうぞよろしくお願いします。

村上 暢昭さん(82回)
1次会では諸先輩方からお話を色々お話を伺うことができて非常に有意義でした。
特に現在カンボジアに興味がありますので、JETROの入野さんとお話できたのと、昨年交流会の裏でのハプニングに関連して産経新聞の乾さんとお話できたのが印象的でした笑
2次会では40人くらい参加者がおられたかと思います。みなさん仰っておられますが、誰も自己紹介で滑らないため、自分の順番が近づくにつれ、緊張感が高まりました。
2次会では篠田さんとじっくりお話する時間を頂き、弁護士としての生きざまに大変薫陶を受けました。
2次会以降は笹山さんがおもしろすぎたので5次会までご一緒させて頂きました。覚えておられるか分かりませんが、笹山さんが「82回生に入りたい」と仰るので82回生に入れてあげ(上から)、「笹ちゃん」と呼び続けていました。失礼なことばかりしてスミマセン!
そして2次会以降、先輩方ご馳走様でした!  これまで通り偉大な先輩方に甘えさせて頂きました、ありがとうございます!
最後に、世話人の方々にはいつもこんな素晴らしい会を開いて頂いてありがとうございます! 昨年交流会に参加しなかったことを色々な意味で後悔しております!

天野 貴文さん(65回)
昨土曜日は、大変お世話になりました。
若干仕事に行き詰まり、鬱々としていた日々の気晴らしにと思っておりましたら、諸先輩の楽しい人生訓・暖かい励まし、後輩たちの有り余るエネルギー、そして学院歌を歌えまして、想像以上に元気をいただけた日となりました。
3次会以降、いろいろな楽しみや事件があったようですが、2次会まででも十分に充実した楽しい、幸せな時間でございました。大変、大変ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

谷塚 俊介さん(82回)
先日の東京甲陽ネットでは大変お世話になりました。新宮さんのおかげであれほど楽しく無茶苦茶な会が実現できているのだと痛感しております。
73回生の笹山さんを筆頭に6次会まで行き、最後は82回生だけで7次会をやりすさまじかった1日を噛み締めていました。
来年もぜったいに参加させていただきます。本当にありがとうございました。



糸 毅さん(56回)
土曜日の「東京甲陽ネット同窓会」には、大変なご尽力を頂き心から感謝致しております。また山下校長先生にもご参加頂き、大変嬉しく楽しい時間でした。(校長先生があんなにユーモアたっぷりにご自分と甲陽の現在の様子のご紹介をされてびっくりしました。(笑))
本当にありがとうございました。
「学院歌」を歌いたくて一昨年から参加させて頂いたのに、急な用事で30分ほど早く失礼させて頂いたこと、また諸先輩の前で僭越にも乾杯の発声をさせて頂いたことも併せてこの場をお借りしてお詫び申し上げます。
来年がすぐに待ち遠しくなる会でした。ますますの盛会を楽しみにしております。
   
入野 泰一さん(62回)
東京甲陽ネット懇親会に参加させていただき有難うございました。
山下先生もご参加いただき大変有意義な時間でした。懇親会の時間があっという間に終了しておりました。
世代を超えて交流できる場であり、また若い方のご参加が多数ある素晴らしい会だと思っております。
「学院歌」も気持ちよく歌わせていただきました。
次回皆さんにお目にかかる機会楽しみにしております。

笹山 桂一さん(73回)
先日は交流会に参加させていただきありがとうございました。
幹事の皆様、大変お忙しいところご準備いただき、価値ある会合を開いて下さりありがとうございました。また、2次会3次会では大先輩方に御馳走になりましてありがとうございました。御礼のごあいさつがおそくなり大変失礼致しました。
全体を通して本当に楽しい時間だったのですが、特に2次会はここ数年くらいで参加した飲み会の中で3本指に入るほどの面白さでした。とりわけ、あの人数で一人もすべることのない自己紹介の連鎖には感動しました。仁志松本のすべらない話なんかよりはるかに面白かったです。また、1次会の交流会での諸先輩方の御挨拶も皆様めちゃくちゃ面白くて、甲陽の笑いのレベルの高さを再認識しました。
私は1次会からほとんど食べずに飲んでばかりでしたので、早々に酒がまわってしまい、途中からはかなり記憶があいまいでいったい何をしゃべっていたのかと今になって震えております。くだらないことばかりしゃべっていたと思います。どうかお忘れください

4次会以降は私だけがメンバーの中では突出しておっさんで、あとは私よりかなりお若い人ばかりでしたが、御一緒させていただきありがとうございました。

吉村 充弘さん(88回)
本日、東京甲陽ネットの交流会でお世話になりました、88回生の吉村です。
参加にあたり、いろいろとご配慮いただき、また直前にもかかわらず、参加を快くご了承いただき、本当にありがとうございました。おかげさまで、非常に有意義かつ楽しく交流会のひとときを過ごすことができました。次回も都合のつく限り、ぜひ参加させていただきたく思います。
今後、お世話になることもあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。本日はありがとうございました。


伊藤 栄次さん(71回)
東京甲陽ネットの交流会で最後に短い間ですがお話させていだだいた、71回生の伊藤です。
短い間でしたがありがとうございました。
今後、何かの機会でお世話になるかも知れませんが、今後ともよろしくお願いいたします。


佐野 良彦さん(51回)
昨日「土風炉」に寄って、靴を受け取ってきました。実はこの靴は娘が見立てて、プレゼントしてくれたもので私のセンスが良い訳ではありませんです。
桐山さんの靴も会社に持ってきました。
桐山さん申し訳ありませんでした。
大層ご迷惑をおかけしたので、昼食と言わず、夕食をガっツリごっつおさせてもらいます。あらぬ疑いをかけられた岩野さんも都合がつけばお越しください。
これを機会に甲陽の縦の交流がもっと盛んになれば良いなあ、と願っております。


↑事の顛末は昨年10月27日~30日の東京甲陽ネットMLで。今年はどんな珍ドラマが待っているでしょうか。皆さん、今年もお会いしましょう!





東京甲陽ネット
SINCE 2004
交流会はじめ、各種お問い合わせ・ご連絡は tostaff@tokyo-koyo.net まで




up






「キミとこ、ボーナスええやろ」「あかんあかん。まあボチボチいうレベルかな」「ホンマかいな」「ホンマやて。実際の話、住宅ローン、きついわ」 久しぶり 関西弁で 本音吐き  いろいろな先輩が来られるので就活の一環だと思って参加。けど、そんなこと以上に、「背中を見て後を追っかけたいような人」と会えて、すげえよかったっす! 就活の つもりで行って よい出会い 「立派な先輩の前に立ってびびりましたけど、甲陽時代の話になるとたちまち少年みたいな顔になって、親しみを感じました」「いやいや。若い人と話をするとこちらも若返ったような気になるね」 交流会 熟年世代も 若返り  梅田行きの阪神電車はM女学院の生徒でぎっしりだったね。ボクなんか純情だったから、恐ろしかったなあ。いまは? あ、S学院か。あ、そう。ああ、ねえ…。 あの頃は M女に囲まれ いまS学院  戦前は大本営とあだ名されたらしいよ。それぐらい立派な鉄筋の校舎だったけど、冬はしんしんと冷えて、手がかじかんだよね。暖房? そんなもの、あるものか。 寒かった 威風堂々の 旧校舎  君ら、髪型は自由だったって? いいねえ、僕らの頃は全員丸刈りだよ。卒業が近づくと少しずつ伸ばしたりしてね…。いじらしかったねえ。 いいよなあ 僕らの頃は 坊主だぜ 「優勝もしたし、戦前は甲子園の常連校だったんだよ。別当薫知ってるだろ? え? 知らない! 近鉄の監督時代かな、遠近両用眼鏡のCMに出てたじゃないか」
(先輩、話が古すぎます) 若者よ 昔は野球も 強かった  今度晩飯食べに来ないか。たまには家庭料理でも。 お父さん 交流会で 婿めっけ



 スポーツからエンタメまで、若い人とも結構話ができるつもりなんだけど、合コンの話題には疎外感を感じるのだ…。(涙 若者の 合コンネタに 入れない  こちらの先輩は人生訓。「ええか、結婚したら、とにかく嫁さんを立てなさい。ありがとう、ありがとう、と言いなさいよ。それが家庭円満の秘訣だよ」(時代も変わったものです) 勉強に なります先輩 その話  いつかは自分で、と思っていてもなかなか…。それだけに、起業して頑張っている先輩方の体験談は値打ちがありますね。 先輩の 起業話に 刺激受け  キミ、まだ独身を謳歌してるのか。俺なんか、小遣いも相方に完全にコントロールされた状態にあります、やからね。これ以上流出はさせません…やて。 アラサーは お前独身 おれ子持ち 「初めて参加しました。よろしくお願いします」「あ、私も初参加。若いですね。何回の卒業?」「えっと…、九十…」「え、まさか平成生まれじゃ…?」「あ、そうです、平成生まれです」(これからどんどんふえます) 初参加 平成生まれもいて 絶句 「いま三十三ということは…」「昭和五十五年生まれです」「あ、ボクは昭和二十五年。同じ昭和だから話が合うね」(あの…、三十年の開きがあるんですけど…) 昭和かい 同世代だねと 大先輩  ウチでは「お父さん、その話は何回も聞きましたよ」と一蹴されるけど、後輩というのはいいね、「そうですか」「へええ、そうだったんですか」と、いちおう興味深げに聞いてくれたよ。 うれしいね 若い後輩 聞き上手



「愛なり 智恵なり 光りなりィ~」。老いも若きも一体になれる瞬間です。交流会で歌いましょう! 懐かしい 大地のほてり 胸火照る  東京甲陽ネットの交流会で同期に会い、友達の消息を尋ね合ったりしているうち、「学年会しようか」ということになりました。…という話が伝わってきました。交流が広がりをみせていることがうれしいです。 学年会 そのきっかけは 交流会  東京に来て、甲陽の知名度が思ったより低いことに愕然。だが待てよ。甲陽生は昔も今も「明朗・溌剌・無邪気」。そのおかげで先輩後輩が分け隔てなくざっくばらんに交流し、公私でいい関係が築けるわけで、やっぱり甲陽でよかった! 甲陽に 行ってよかった いやホンマ  ノーベル賞候補者の名前が取りざたされる季節になりました。今年も文学賞の本命は「甲陽を中学受験で落ちた」けど素晴らしい才能を発揮された息子さんですよ。村上先生、草葉の陰で朗報をお待ちください。 ご子息に 世界が注目 大本命  偏差値も高いし、ほとんどが難関大学・難関学部に進むのはいままでと同じだけど、中身を見るとさらにレベルが上がっているような…、そんな気がしますな。だけど社会は頭脳だけじゃないよ、人間力が求められるからね。人間力、というのはだね…。(出たー、くやしまぎれの訓示)【注】交流会ではそんな先輩、おりません。 イマドキの 若い奴らは ようできる  新任の若い先生をいじって喜んでいた生徒が、いまは社長になり、会社を引っ張っています。そして去年はその恩師を迎えて乾杯の発声。何よりの恩返しですね。 その節の ゴンタ坊主が いま社長  陽光を受けた大阪湾が鈍く光り、神戸の町もかすむ午後。ああ、先生の声がだんだん遠ざかっていく…。角石の高校校舎は風光明媚にして眺望絶佳。 大阪湾 光って今日も 午睡かな




頁上に戻る       扉頁に戻る