甲陽の分厚い人脈は人生の宝。



第5回OBセミナーへの参加を申し込みます


下記の項目をご記入の上、送信ボタンを押してください。(1~3は必須)

Q 1 氏名
Q 2 卒業回または年度
Q 3 懇親会への出欠
参加
不参加
Q 4 居住地(市、区まで)
Q 5 勤務地(市、区まで)
Q 6 勤務先またはご職業
Q 7 後藤さんへの質問があればお書き下さい

お疲れ様でした。「送信」ボタンを押して回答を送信してください。


東京甲陽ネット・第5回OBセミナー

ごとう・げんり
1967年(昭42) 大分県生まれ。
1985年(昭60) 甲陽学院高校卒業
東京大学教養学部基礎科学科第一卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。戦略コンサルティンググループの設立メンバーとなる。
1994年(平6) 同社を退社。ケンコーコムの前身となる「ヘルシーネット」を設立し、家業の製薬会社が作る健康食品の販売を手がける。
2000年(平12) 5月、健康関連総合ECサイト「ケンコーコム」開設。現在、1日あたりのサイト訪問者数は約17万人、品揃えは同分野で国内最大級、約10万点を誇る。
2004年(平16)6月、東証マザーズに上場。2005年(平17)からは自社運営のアフィリエイトプログラムや、ブログを利用した健康情報コミュニティサイト「ケンブロ」を開始。また、ロングテールの品揃えと物流機能を活用したドロップシッピングサービスや、メディア事業も展開している。


「毎回すごいOBに来てもらって、話を聞かせてもらって、こんな参加費でいいんですか。懇親会では、同じ甲陽出身というだけなのに、先輩後輩のへだたりも感じないぐらい親しく話をしてもらって、すごい刺激になりましたっ!」
社会に出て日が浅い卒業生が、セミナーのあとの懇親会で目を輝かせて言ってくれました。
そうなんです。本当に、このOBセミナーはぜいたくな企画です。
東京という大舞台で活躍する甲陽の卒業生たち。その中でもマスコミや専門家の多くが、「いちど会ってみたい」「話が聞きたい」という人と直接会って、親しく話ができるのですからね。他校の人たちからも、「なんとまあ、うらやましい」と言われます。
講師の方々には超多忙な時間を工面していただいて、しかも
無償(講師の皆さん、スミマセン)引き受けていただいています。
皆さんには会場費をカバーできる程度の参加費をお願いしていますが、少しでも剰余が出ればストックし、家を離れて東京で学生生活を送る皆さんが懇親会や交流会に参加しやすいように“学割”を設けるなどしています。
特に若い人たちに、甲陽の卒業生であることに誇りを感じてもらいたい、いろいろなOBとの接点を作ってもらいたいと思っていますので、自分の専門であるなしに関わらず、積極的に参加してください。

お申し込みはこちらから


参加者一覧

ケンコーコム株式会社  http://www.kenko.com/company/profile.html

会えば必ず元気が湧いてきます!
第5回OBセミナーに申し込む

第1回 財務省九州財務局長(当時)  木下信行さん(52回卒)
第2回 法務事務次官(当時)      樋渡利秋さん(45回卒)
第3回 株式会社アイレップ 社長   高山雅行さん(65回卒)
第4回 阪神タイガース オーナー   宮崎恒彰さん(42回卒)

懇親会会費は実費となります。飲み物込みで3,000~3,500円程度です。(学割あり)

2008年3月26日(水) 午後6時30分~8時30分 受付開始・午後6時
新宿南口 マインズタワー15階 セミナールーム(MAP)

参加費 1,000円

eコマースの旗手登場! ネットマーケティングの発想やヒントが満載のセミナー開催
東京甲陽ネットのOBセミナーはぜいたくだ!
セミナーのタイトルや内容は未定ですが、ケンコーコム立ち上げから現在に至るまでの話、そしてこれからのeコマース観や、自社戦略・構想などを語っていただく予定です。

セミナー修了後(8時40分ごろから1時間半程度の予定)、マインズタワー地下レストラン街 の中華料理店で懇親会を行います。こちらにもぜひご参加ください。(セミナーのみ、懇親会のみの参加も可です)

参加者募集

インターネットで1日に17万人が訪ずれる
日本最大の健康ショップを作り上げた
後藤玄利さん(66回卒)

ケンコーコム株式会社 代表取締役

高校時代は、珍しく大分出身で、学年に数人しかいない下宿生だったため、部屋が様々な友人たちの社交の場となり、大変楽しい毎日を過ごしていました。

動画インタビュー(社長TV)

甲陽時代は下宿生活

お使いのメーラーやシステムによっては、上記のフォームから送信できない場合があります。そのときは、tostaff@tokyo-koyo.net あてに上記の項目を記入したメールをお送りください。

扉頁に戻る