甲陽生 卒業しても 明朗 溌剌 無邪気なり


東京甲陽ネット


あの人に会えた! この人にも会えた! うれしい出会いの数々に感謝!



           


2008年10月27日(月) 午後6時30分~9時  「響」風庭 赤坂店




参加者一覧





会場の隅から隅まで、至るところに楽しく歓談する人の輪ができました。
学年が離れていても、旧知のように肩の力を抜いて…。
23回から86回卒の現役大学生まで、世代を超えての交流会は、

OBセミナー6回に交流会は4回目。
ひとり、またひとり、新しい参加者がふえていきます。
「初参加の感想は?」「すごく楽しいです! もっと早く来ればよかったです」
会場になった「響」風庭・赤坂店のスタッフ曰く、「皆さん、とても楽しそうで、活力を感じます」
佐治信忠会長の挨拶で盛り上がって、緊張がほぐれたところで乾杯!
歓談が始まって間もなく、五十嵐喜芳さん(25回)が会場に到着されました。
あえて参加者名簿には入れないサプライズ企画。
一瞬きょとんとした皆さんも、すぐに理解して大きな拍手が湧き上がりました。






世界を駆けて超多忙のサントリー会長兼社長
佐治信忠会長(45回卒)も予定時間をオーバーして
甲陽仲間とのひとときを楽しみました


    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 今日は東京甲陽ネットの交流会に、皆さん、お集まり頂きましてありがとうございます。関西からもご出席ありがとうございます。 
 また中川先生がお変わりなく、大変お若々しくて、驚いている次第でございます。
 今日は90名近くがご出席ということで心から喜んでおります。
 私、会長という大役をいただきながら、なかなか出席できず皆様にもご挨拶ができておりませんでした。大変失礼をいたしました。この場をお借りしてお詫びを申し上げたいと思います。
 これからもできるだけ時間を作って、こういう場での皆さんとの交流を、私自身も楽しませていただければと思っています。
 さて、昨今の世の中、なかなか厳しい情勢ですが、9月のはじめに小泉元総理から電話がありまして、「僕は暇だから(笑)箱根でゴルフをしようよ」というのです。
 で、でかけていきまして大箱根カントリーでゴルフをしたのですが、昼食をとりながらいろいろ話をうかがっておりますと、「選挙に勝つには、次の総理は小池さんしかない。小池さんで行きたい」ということでした。私もおおいに意見が一致したのですが、なかなかそういうわけにもいきませんでした。(笑)
 麻生さんが総裁になられて、その間にアメリカでは金融危機という大変な問題が起きました。
 それで、もう解散なんかしているどころではないというムードになってまいりました。もしかしたら来春、…ともすれば秋まで、ということまで言われています。
 それならそれで、日本にとっていい結果につながるようにと祈っているところであります。
 あのように金融の商品化、債権化によって起こった大きな問題ですが、日本が21世紀に大きく変わっていかなければならない、21世紀の国作りを真剣に考えなければならないというときに、本当にそれにふさわしい日本の国に生まれ変われるならば、今回のことはむしろいい機会になるかもしれない、と、期待している面もございます。
 もっとも、安い商品ばかりが売れる世の中になってくるというのも、経営にとってはなかなか大変なことでございます。(笑)
 しかし日本はそういう問題に耐えて、これからは環境問題等々、新しい国作りという面で新しいリーダーシップを取っていけるのではないか、…そういうふうでありたいと心から思っているところであります。
 最後に皆様のご健勝、ご発展を祈念いたしまして、ご挨拶に代えさせていただきたいと思います。どうもありがとうございました。(拍手) 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
 
 自社の経営活動はもちろん、経済団体(*1)、業界団体(*2)のほか、日本公共広告機構理事長、日本体育協会副会長、慶應義塾理事など、公的な要職も多い。内外のスケジュールを精力的にこなし、まさに分刻みのスケジュールに追われています。
 今回はその間隙を縫っての出席が実現しました。

*1 経団連常任理事、関経連国際委員会委員長など
*2 ビール酒造組合代表理事、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長など



45回卒の同期。左から佐治会長、新宮、三田、
金子、梶さん。
         
   
左・則岡節雄さん(46回)
中・白川晃さん(47回)

   
手前左・佐野良彦さん(51回)
右・高村隆司さん(49回)
 



   
 “世界に誇る日本のテナー”  昭和音楽大学学長
五十嵐喜芳さん(25回)の登場に
どよめきと大きな拍手
      
 

 実を言うと世話人のいたずらゴコロで、あえて参加者名簿に入れませんでした。サプライズ企画にさせていただいたわけです。五十嵐先生から「甲陽…、なつかしいねえ、東京の集まりがあるの? 私も行っていいですか?」というお電話をいただいたのは1週間ほど前のことでした。「もちろんです!ぜひ!」「他の用事で少し遅れますけれど」ということで、会が始まって15分ほど過ぎたころ、お見えになりました。参加者もすぐ、「あの五十嵐さんだ!」と納得して、おーっという驚きの声と大きな拍手が起こりました。

   私が甲陽学院を卒業したのは昭和20年の終戦直前で、4年生と5年生がいっしょに卒業させられました。
 4年で卒業はしたものの、さあどうしたらいいか分かりません。私たち、4年生のとき、今津の吉原製油に週3、4日、勤労動員に駆り出されていましたので、引き続き、そこへ通いました。お昼が食べられるし、油をとるための南京豆がありましたから、それをちょっとポケットに入れて(笑)、あのころ、南京豆なんか口に入りませんでしたからね。

 そうこうするうちに8月15日、終戦になりました。10日ほどして、新聞に大阪音楽学校が復興されるという記事が出ました。いまの大阪音大の前身です。
 実は私の家にはピアノがありまして、姉がピアノを弾いていたので、私も弾けました。「そうだ、音楽学校に行って、卒業したら小学校かどこかの音楽の先生になろうと…。それなら食いっぱぐれがないだろう」(笑)と考えたんです。友達にそう言うと、アホか、と怒られましたが、とにかく声楽科に入りました。
 私、父親がこの年に亡くなっていましたので、働きながら学校に通いました。
 そんなとき、神戸の本山に安宅さん(*)という方がおられて、学費も生活も面倒を見てやるとおっしゃってくださったので、東京の芸大に行きました。当時の1万円というのは大きかったですよ。
(*安宅英一氏。安宅産業創業者・安宅弥吉氏の長男。1955~65安宅産業会長。安宅産業は1977年、伊藤忠商事に吸収合併)

 さて卒業したら、いきなりコンクールで1位になったんですね。それで、仕事も入ってきました。ところが安宅さんは「仕事なんかするな」とおっしゃる。
 私、イタリアのベルカントという発声法を勉強したかったものですから、そう言うと、「じゃあ、イタリアに留学しろ」と…。そんなわけで安宅さんのおかげでローマで勉強することができました。
 あの…、この先の話もいろいろあるんですけれど…(笑)、こんなお話をしていたら2時間ぐらいかかってしまいます。
 とにかく、そうやって、おかげさまで東京で声楽家として、オペラ歌手として活躍することができたのも、安宅さんのおかげで…、また甲陽の…(笑)、時代があって、そのおかげだと思っております。

 実は私、この9月で80歳になりました。(参加者から「えーっ」という驚きの声)
 …が、今でもまだ歌っております。(大きな拍手)
 今日、私より上の方はいらっしゃいますか? (「ひとりおられます」)
 え? おひとりだけ? ああ、皆さん、お若いんですね。(笑)
 宣伝ではないんですが、12月の23日、イブイブで天皇誕生日です。私の昭和音大に立派なホールがありまして、そこで歌います。小田急の新百合ヶ丘ですが、大学が地域の皆さんにお世話になっていますので、そのお礼をこめて、ということでクリスマスコンサートをやりますので、お時間があればぜひおいでください。
 65歳以上は1,500円です。(笑)
 今日は皆さん、65歳以上ですね。(笑) はい、今日ここにおられる方はそれで結構、ということで(笑)、クリスマスを楽しんでいただければと思います。

大先輩の登場に最初はちょっと緊張気味
 

ミュージシャンの水野俊介さん(50回・青い服)の姿も

有田同窓会長(中・31回)と白井伸一さん(右・31回)




       
   植井理行さん(左・55回・東京放送)と鈴木尚さん(61回・楽天取締役)。
 民放連委員としてデジタルコンテンツに関する仕事をしている植井さんが、楽天・鈴木さんの肩に手を置いて「お手柔らかに」と言っているように見えるのは、うがち過ぎ?
 廣野淳平さん(左・83回・マイクロソフトファイナンス)、背中は山岡清太世話人(65回)、右・水野学世話人代表(42回)
 「先輩のお言葉は一言たりとも聞き漏らしません!」
 保々昌史さん(左・73回・ドリームリンク)と政岡昭仁さん(73回・パイプドビッツ)  



      嗚呼青春の血は燃えて
武庫の老松春来れば
高鳴る胸ぞ若人われら
妙なるひびき玉の緒の
理想の調べかなでつつ
輝くのみぞ心ぞ勇む

文化の海に棹さして
茅渟の浦波はてもなく
雄々しく進む男の子ぞわれら
八重の潮路の波彼方
緩めそ梶緒とりもちて
無限のゆくて斃れてやまむ   
   五十嵐先輩を囲んで。鈴木登さん(左・31回)、中川経治さん(中・23回・元教諭・東京甲陽ネット特別顧問)、白井伸一さん(31回)、有田和男甲陽学院同窓会長(31回)    



       
   谷本良平さん(左・52回・住商アーバン開発社長)と、小倉敏さん(中・49回・東急不動産取締役)、芝田英生さん(右・58回・ファイザー)
 業界が同じでも、違っても、甲陽同士、会ってお話するのは楽しいですね。

   井上陽一さん(左・47回・ナブテスコ取締役)と水上進さん(43回・元川鉄鋼管社長)。
 会場には大画面のプラズマテレビが用意され、常時、なつかしい写真や現在の甲陽の写真が映し出されています。京大工(井上さん)と東大工(水上さん)の技術畑のおふたり、どんな話をされたのでしょう。
 



             
   就活中かな? 慶應の現役学生・依田知明さん(左・商学部3年)、重永優介さん・理工学部3年)に肉薄されてタジタジ?の植田晋一さん(右・76回・パナソニックモバイルコミュニケーションズ)    井上和也さん(左・82回・ソフトバンクテレコム)、井上武さん(中・78回・KDDI)、山崎晶登さん(右・72回・IHI)。
   出向していた経団連から古巣に戻った山崎浩司さん(左・70回・三井不動産S&E総合研究所)と、高原徳守さん(中・78回・アドバンテッジパートナーズLLP)。
 右は石上肇さん(69回・三菱UFJ信託銀行)
。「ちょっと失礼。開いたばかりのロンドンの市場はどんなかな?」と携帯でチェック?
 



         
     結束の固さを誇る46回卒の皆さん。
 左から園田成和さん(CCI専務)、近藤宏さん(日本農林社社長)、松木幹雄さん(大成建設理事・大成富士山南陵開発社長)、則岡節雄(日本電子テクノサービス)、下村浩さん(自営)。近藤さんと則岡さんは野球部仲間。
   80歳をこえてなお矍鑠(かくしゃく)の中川大先輩(23回)。体だけではなく、若い人たちともベテランとも自在に話ができるやわらかい頭脳には驚きです。手にしているのは「登美の丘」の白、ですね。ふふ。    



             
   「はあ、いま中塚先輩からいいお話をうかがってたとこです」「いやいや。ま、ちょっとした経験談をね」「いやあ、勉強になります」
 とは言われませんでしたが、お話の最中を失礼してちょっと記念写真。
 左から柳井研さん(79回・ロボット)、 転法林浩昭さん(75回・日本ヒューレット・パッカード)、樋口陽介さん(75回・アクセンチュア)、中西健太郎さん(75回・弁護士)、中塚琢磨さん(右端・52回・西原環境テクノロジー社長)
   頼むぞ、若手! 東京甲陽ネットも日本の将来も君らにかかっている。不況は君たちを鍛えるだろう。
 …なんて、オヤジはすぐこれだからなあ。実はその若さがうらやましいのだよ。
 左から慶應義塾の依田知明さん(商学部3年)、同じく重永優介さん(理工学部3年)、
     



         
   金融界のベテラン、森郁夫さん(中・55回・KPMG FAS)と金融マン一年生の伊藤浩樹さん(左奥・85回・モルガンスタンレー証券)が何やら語っています。    「私も金融でして…。アメリカ発の大不況、一体どうなることかと、アタマを抱えていますよ」「われわれ不動産関係も大変です。…ですが、あまり深刻になっても始まらないので、まあ、今夜は楽しみましょう」
 といったところでしょうか。おふたりともいい笑顔ですね。
 赤松和彦さん(左・54回・大和証券SMBC専務)と
小倉敏さん(右・49回・東急不動産取締役)
 「鮒谷さん、メルマガ発行部数日本一なんて、すごいですね。して、その秘訣は?」「秘訣は秘密だよ。まあ、毎日、これぞという人と会って、いっしょに食事をしながら話をうかがってるのが大きな栄養になってるかな。多い日は3食ともパワー食事だね」「それでよくメタボになりませんね」「え? いまはそういう話じゃないんじゃ…?」
 写真左・福田慎之介さん(左・83回・丸紅)。写真右・小野広一郎さん(左・79回・ソニー)と鮒谷周史さん(71回・会社経営)
 



今晩はまだちょっと仕事が残ってて…という表情の本西勝則さん(左・69回・ダイヤモンド社)。校正刷りでも上がってきたのかしらん。「まだいいじゃないか」と?同期の柏木利博さん(中・69回・千代田の郷法律事務所 弁護士)と石上肇さん(右・69回・三菱UFJ信託銀行)  やあ、皆さんいい笑顔。花の?64回ですね。左から古賀栄治さん(ドイツ証券)、渡辺明さん(東京大学大学院人文社会系研究科准教授)、甲林健さん(住友不動産株式会社)、梅田成二さん(マイクロソフト)、東田一馬さん(ショックウェーブエンターテインメント株式会社)、白石忠志さん(東京大学 大学院法学政治学研究科教授)



 
「昭和33年、中学に入学です。51年前です」「君ら、まだ小さかったなあ」「先生もお若かったですねえ。いや、いまもお若いですが」「そうです。僕らの励みであり目標ですす」
左から井上良彦さん(45回)、中川先生(23回)、三田文夫さん(45回)
「11月は枯山水だね」「ボジョレヌーボーだね!」(分かる人にしか分からない会話)
左・水上進さん(45回)、右・前田幸介さん(45回)


中塚琢磨さん(左・52回・西原環境テクノロジー)と森郁夫さん(55回・KPMG FAS)
会場には大型のプラズマディスプレー2台が配置され、甲陽時代の映像が、常時、映写されました。懐かしい顔を発見すると、思わず声が。


世一英俊さん(50回・間組技術研究所)と田村浩一さん(40回・NPO法人外断熱推進会議理事)。接点、ありますね。 左・尾崎由博さんは81回卒、JICA(青年海外協力機構)勤務。「やりがいのある仕事です」。右は、入社早々、アメリカ発の金融危機にもまれている伊藤浩樹さん(右・85回・モルガン・スタンレー証券)



 
会場の風亭「響」赤坂店




  


■ ページ上の写真3点 ■
写真左・中塚琢磨さん(52回)と谷本良平さん(52回)。
写真中・鮒谷周史さん(中央こちら向き・71回)。
写真右・左から田村さん(40回)、世一英俊さん(50回)、野上和裕さん(60回・首都大学東京 教授)

ページ上へ




  

 ご参加いただいた皆さん 
計81名 ・ 敬称略 ・ 卒業回逆順

依田 知明(89回) 重永 優介(89回) 伊藤 浩樹(85回) 廣野 淳平(83回) 木羽 滋俊(83回)
福田慎之介(83回) 井上 和也(82回) 國塩 大泰(82回) 尾崎 由博(81回) 小野広一郎(79回)
柳井  研(79回) 井床 利生(79回) 大澤  集(78回) 井上  武(78回) 高原 徳守(78回)
植田 晋一(76回) 石野 義一(76回) 中西健太郎(75回) 転法林浩昭(75回) 樋口 陽介(75回)
政岡 昭仁(73回) 保々 昌史(73回) 山崎 晶登(72回) 柏木 利博(69回) 石上  肇(69回)
本西 勝則(69回) 小野 敏雄(68回) 寺本 茂樹(66回) 山岡 清太(65回) 白石 忠志(64回)
渡辺  明(64回) 古賀 栄治(64回) 望月 謙治(64回) 梅田 成二(64回) 甲林  健(64回)
東田 一馬(64回) 鈴木  尚(61回) 野上 和裕(60回) 井澤 公博(58回) 芝田 英生(58回)
森  郁夫(55回) 大島 敏郎(55回) 植井 理行(55回) 矢戸 秀成(55回) 赤松 和彦(54回)
久保田一成(53回) 坂本 眞一(53回) 中塚 琢磨(52回) 土居 章展(52回) 谷本 良平(52回)
博多 一恭(51回) 佐野 良彦(51回) 世一 英俊(50回) 水野 俊介(50回) 中塚 一郎(49回)
高村 隆司(49回) 小倉  敏(49回) 白川  晃(47回) 井上 陽一(47回) 山本  明(46回)
則岡 節雄(46回) 下村  浩(46回) 園田 成和(46回) 近藤  宏(46回) 松木 幹雄(46回)
佐治 信忠(45回) 梶  成宏(45回) 井上 良彦(45回) 新宮 康彰(45回) 三田 文夫(45回)
金子 俊六(45回) 前田 幸介(43回) 水上  進(43回) 水野  学(42回) 田村 浩一(40回)
北村 武彦(38回) 鈴木  登(31回) 有田 和男(31回) 白井 伸一(31回) 五十嵐喜芳(25回)
中川 経治(23回)            


楽しい時間を共有することができ、ありがとうございました。またお会いしましょう。




第4回交流会案内ページ 扉頁へ ページ上へ